黒毛和牛どっとこむ

お肉大好きなあなたへ。牛肉がもっと好きになるサイトです。

  • TOP
  • パンくず矢印
  • 食レポ
  • パンくず矢印
  • 東京駅で大行列!肉汁溢れるミート矢澤のハンバーグ弁当がうますぎた!

東京駅で大行列!肉汁溢れるミート矢澤のハンバーグ弁当がうますぎた!


とりあえず「イイね」して、あとで読もう!

みなさんこんにちは!
お肉大好き女子のミヤモトです。
 
突然ですがみなさんは、JR東京駅・大丸のデパ地下に行ったことがありますでしょうか?

お弁当・惣菜がたくさん並んでいるお店の通り・・・そこに、「異様に人を寄せ付けているお弁当屋さん」があるんです。

その名もズバリ・・・「ミート矢澤」!!

 
「え・・・このお店、なんでこんなに並んでるんだ?!」
「そんなにここの弁当がおいしいのか!?」
 
あまりの人気っぷりに、こんな疑問を持ったことがあるという方も多いのではないでしょうか。

ということで今回は・・・

「ミート矢澤のお弁当コーナーが長蛇の列を成す理由は一体なんなのか?!」

その秘密を暴くべく、「お肉巡り以外では1歩も外に出ない、インドア肉好き女子」こと私・ミヤモトが、はるばる東北から東京まで調査に行ってまいりました!!

 

お肉好きなら誰もが知っている?!「ミート矢澤」

出典:ミート矢澤 公式ページ

そもそも「ミート矢澤」とは・・・
元はお弁当屋さんではなく、黒毛和牛専門のステーキ・ハンバーグ専門店。

2007年にオープンしてから瞬く間に人気を集め、それから今日に到るまで、ず〜〜〜っと人気のお店なんです。

五反田の本店ではなんと、平日でも30分は並ぶのを覚悟しないといけないほど。
 

↑リピーターも続出!
 
なんと言っても魅力は、「お肉の新鮮さ」!
 
精肉卸売店の新鮮なお肉だからこそできる、この肉の赤さがウリなんですよ・・・!


 
さらに・・・ジュワ〜ッと溢れる肉汁が最大の魅力。
外面を高温で焼いた後に、スチームコンベンションで内部をじっくり焼き上げるから、肉汁を逃すことなく閉じ込めることができるんですね〜!!

半分に割った瞬間、ナイアガラのごとく溢れる肉汁・・・。
言わずもがな最高ですよね。この肉汁でなら滝行したい。

 

東京大丸のテイクアウトステーションでハンバーグ弁当買ってみた!

現在、ミート矢澤が営業している店舗は以下の3つ。

 
東京 五反田(本店)

名古屋

大丸東京 テイクアウトステーション

 

(この3つの中で、お弁当買うことができるのは「大丸東京テイクアウトステーション」のみですので注意してくださいね。)
 
五反田の本店で食べるのももちろん最高なんですが・・・。
今回の舞台は、冒頭でもお伝えしたように大丸東京テイクアウトステーション!

 

「いやいや、せっかくミート矢澤食べるなら弁当じゃなくて、鉄板の上でアツアツのハンバーグの方がいいじゃん?」とお思いのあなた。

 
ミート矢澤は、お弁当も焼きたてアツアツなんですよ!

オーダーをもらってから焼き始めることがほとんどなので、10〜15分程度は待たされることを覚悟して並ばなくてはいけませんが・・・。

お昼にちょっと時間があるサラリーマンも、私みたいな遠征の民も・・・お弁当なら気軽にあのミート矢澤が食べられる!
 
ということで・・・
 

やってまいりました!

インドアにくわえ、東京初心者かつ方向音痴である私・・・この場にたどり着くまでに駅を少々グルグルしたのは内緒です。

 

↑私のようにグルグルしてしまいそうだという方はぜひご活用ください。

東京駅・八重洲中央口から徒歩数分の、大丸東京店の地下1階。
「GRANROOF(グランルーフ)」というオシャレなカフェ・レストランエリアの入り口の向かいにあります!

 

種類豊富なメニュー!おすすめはスタンダードな「ハンバーグ弁当」

ズラリと並ぶお弁当の数々!心が踊りますね〜。

メニュー詳細はこんな感じです。
1番スタンダードな「ハンバーグ弁当1,780円」〜「極味弁当9,980円」まで、豊富なラインナップ!

到着したのが19時くらいだったので、

・サイコロコンボ弁当
・フィレコンボ弁当(数量限定)
・フィレステーキ弁当
・シャトーブリアンステーキ弁当

この4つは売り切れでした。

おそらく通常の「ハンバーグ弁当」は売り切れることはなさそうですが、「コンボ弁当」や数量限定のものなど、お目当のものがある方はお早めの時間にご来店を!
 
ちなみに、周りの皆さんの注文をすこ〜し聞いてみると、やっぱりスタンダードなハンバーグ弁当を注文する方が多いイメージ。
ということで、迷った方はまずは「ハンバーグ弁当」をおすすめですよ!(今回の私の目当てもハンバーグ弁当です。)
 

1番お高い「極味弁当」は、黒毛和牛ハンバーグ+サーロインステーキ+シャトーブリアンステーキというなんとも豪華な内容。
食品サンプルもなんかスッゴイ照らされてる・・・神々しい・・・。

「お弁当に1万円?!買う人いるの?!」と思ってしまいますが・・・買う人、もちろんいらっしゃいます。お肉愛好家はお肉への投資は惜しまない。
 


 
感想としては・・・「最高に美味しかった!」という人もいれば、「値段も加味するとハンバーグ弁当こそが最強!」という人もいるみたいです。

話題性あふれる一品、1度は食べてみたいですよね・・・!!
(と言いつつも、私はケチなので同価格でハンバーグ弁当5個派です。)

 

使用する食材には全てこだわる「矢澤クオリティ」

使用するお肉は「本日の黒毛和牛」として産地・個体識別番号を公開されています。
当然のように全て「A5」ランクですね。素晴らしいクオリティ!

ちなみに、お米は「青森県産・まっしぐら」を使用しているそう。お肉以外にもこだわっているんですね〜!

これにはミヤモト、一気に親近感です。
というのも、何を隠そうこの私・・・青森生まれ・青森育ちなんです!

「まっしぐら」といえば、程よい弾力と粘り気がある食感から愛されている、青森県が誇るブランド米・・・!

青森のきれえな水ばつがってつぐっだ米だっきゃたんげめぇど〜!(訳:青森の綺麗な水を使って作ったお米はとっても美味しいんですよ〜!)
・・・という私の叫びを代弁してくれているようですね。素晴らしい。

 

お隣はミート矢澤の系列店、ハンバーガーの「ブラッカウズ」

私が日々、凄ましい津軽弁を隠して生きているということはさておき・・・

お弁当コーナーのすぐ隣には、ミート矢澤が経営している黒毛和牛ハンバーガーのお店「ブラッカウズ」があります!

これは、見るからにアゴ外れる覚悟で食べるタイプのハンバーガー・・・!思いっきりガブッといきたいですね。

こちらも使用するお肉は黒毛和牛100%なんですが、ブラッカウズの1番のこだわりは「ハンバーガーとしての黄金比率」
パテ(お肉)だけでなく、バンズやお野菜、ソースにまでこだわって、「お客様の口の中で完成する料理」を追求しているんだとか。

う〜ん、私はパンより米派の人間なんですが、こちらも気になってしまいますね〜。

 

大人気・ミート矢澤のハンバーグ弁当・・・いざ、実食!

と、いうわけで・・・。

買ってきました!

買ったのは、スタンダードな「ハンバーグ弁当」に目玉焼きトッピング。
お肉の上で目玉焼きを割る瞬間はまさに至高・・・。言うまでもなく最高コンビでしょう。

ちなみに、私が行ったのは日曜の19時頃だったんですが、タイミングが良かったのかあまり待たされず5分程度でGETできました!ラッキーです。

お箸とおしぼりに加え、先割れスプーン&フォークも付いているので新幹線で駅弁代わりとして食べるのにも便利ですね〜。

では、いざいざ・・・

オープン!

お待ちかねのご対面です!

肉汁をたっぷり閉じ込められた、まん丸のハンバーグ・・・!美味しそう〜!

お肉のいい匂いはモチロンするんですが、ガーリックチップがないからかそこまで匂いが拡散することはありませんでした。
新幹線で食べてもそこまで飯テロになることはなさそうです。

以前はガーリックチップがセットだったようですが、別売りのオプション(+100円/税込)になったみたいですね。

ではでは、さっそく真っ二つに切っていきましょう!

切った瞬間、じゅわ〜っと中から肉汁が・・・!

そして中身は・・・

うお〜〜〜〜!赤い赤い!

新幹線に乗るまで、30分間くらいアツアツのまま持ち歩いていたんですが・・・それでもこの赤さですよ!これぞミート矢澤。

思わず、「えっ!?いくらなんでも赤すぎない?!大丈夫?!」という声が聞こえてきそうですが・・・ちゃんと芯まで加熱してあるので、そこはご安心を。

(↑お弁当のフタにも書いてあります。)

肉好きの私が行きつけのメチャメチャおいしい焼き鳥屋さんのタイショーも、「良いお肉は血が濃いから、十分加熱しても赤いんだよ〜!」と言っていました。

赤いからといって、「加熱してない!」ってことには直結しないんですね。

それでは、まずはソースを付けずに一口・・・!

そのお味は・・・
 
「濃厚なお肉のうまみ、最高・・・!!」
 
「とろける〜」というよりかは、「しっかりモグモグ噛みしめる」タイプのハンバーグです。
ひと噛みひと噛み、肉汁がジュワァ〜ッとお口に広がる・・・!

その最高な状態の口内にご飯を放り込んだら、もうエンドレス。
お肉とご飯による永久機関の誕生ですよ。

次に、付け合わせのソースを付けて食べてみます。

ソースは開けた瞬間にわりとガッツリ良い匂いが漂いますので、新幹線内でハンバーグに直で全部ソースをかけたりすると飯テロになるかも・・・!

醤油ベースのしっかりした味に、ほんのり感じる甘みはりんごペーストかな?
程よい甘じょっぱさで、メチャメチャご飯がすすみます・・・!

ソースを付けてももちろんおいしいんですが、味付け濃いめなので、お肉の味そのものを楽しみたい人はまずは付けないで食べるのがおすすめですよ。

サブの野菜たちについてですが・・・マッシュポテトがすごくおいしい!盲点でした。
舌触りなめらか〜なお芋に、肉汁が染みていてなんとも絶妙・・・!ソースも合う!

コーンも同様、塩っけが薄い甘めのバターコーンに肉汁がマッチしてGOODでした!

一方、人参・ブロッコリーは、マッシュポテトに全て肉汁を奪われ、ごく普通の茹で野菜という感じでした(笑)
ソースを付けて食べるのをオススメします。

さらに、脇にちょこっとあるキュウリのお漬け物。
こちらは肉とご飯の永久機関の合間にたま〜に入れてあげるのがとてもよろしい。
お口の中がサッパリするので、ジューシーなお肉も飽きずにパクパクいけちゃいます。

そして・・・

あっという間に完食!

いや〜おいしかった。これは行列ができるのも頷けますね。
新幹線に乗ってる時間がめちゃくちゃ至福の時間になりました。

値段は普通のお弁当と比較すると少々お高いですが・・・味については文句なし!
お肉好きなら食べて損はないハンバーグ弁当と言えるでしょう。

 
ひとつだけ、問題点があるとすれば・・・

ハンバーグが肉厚なのもあり・・・セットでついてくるプラスチックの先割れスプーンだと食べづらいということくらい(笑)

危うく新幹線にまきびしのごとくコーンをぶちまけるところでした。
お箸もついてくるので、もしかしたらお箸の方が食べやすいかもしれないですね!

 

ミート矢澤ハンバーグ弁当レポまとめ

 
いかがでしたでしょうか!
この記事では、ミート矢澤のハンバーグ弁当を実際に食べてみた感想をお伝えいたしました。

流石は大行列を生むだけあって、お肉好きを唸らせる食べごたえバッチリのハンバーグでしたね。
「お弁当でアツアツの肉汁溢れるハンバーグ」というのもなかなか食べられないですしね・・・!
 
ちなみに・・・このミート矢澤のハンバーグ弁当に入っているものと同じハンバーグ、通販でも売っているんですよ。(公式通販サイトはこちら)
 
通販なら・・・

・自宅でいつでも、焼きたてで食べられる!
・冷凍で届くから、いつでも冷凍庫にストックしておける!

という、田舎住みインドア女子の私としては最高と言わざるを得ないメリットが・・・!

 
私のようなインドア派の方、また東京に行く機会があまりなくて、「ミート矢澤、食べたいけどなかなか食べに行けない!」という方にはこちらがおすすめです。

ぶきっちょな私でも、自宅でハンバーグ弁当の味を再現できたので感動しました(笑)
 
詳しくはこちらの記事に、実際に買って調理して食べてみたレポートを書いていますので、気になった方はぜひ合わせてご覧くださいね。

「ミート矢澤のハンバーグは通販でもうまいのか?!実際に食べてみた!」へ

 
この記事が少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。
すベてのお肉好きが素敵なミートライフを送れることを祈って・・・!
 
ではまた、次のお肉記事でお会いしましょう!

最後まで読んでくれてありがとうございます! 役に立った方はぜひ「いいね!」してね♩

topページの先頭へ