黒毛和牛どっとこむ

お肉大好きなあなたへ。牛肉がもっと好きになるサイトです。

  • TOP
  • パンくず矢印
  • 全国の黒毛和牛一覧
  • パンくず矢印
  • 伊万里牛(佐賀県)

伊万里牛(佐賀県)


とりあえず「イイね」して、あとで読もう!

伊万里

伊万里牛の特徴

伊万里牛とは佐賀県内におけるJA伊万里管轄内で生産、肥育される和牛の総称です。

佐賀県内には有名ブランド牛である佐賀牛や佐賀和牛が存在していますがこれらと伊万里牛の品質の違いは無く、佐賀牛や佐賀和牛がJA伊万里の管轄内で生産、肥育されていれば伊万里牛という名称にて出荷、製品化されるようになっています。

この他の伊万里牛の定義としては、佐賀牛や佐賀和牛の定義と同じく、黒毛和種であるとともに枝肉の格付けが2等級以上かつBMSがNo2以上であるものとされています。伊万里牛というブランド名には枝肉の品質におけるランクの明確な線引きが存在しないため、歩留の度合いがA~C、脂肪の付き具合が5~2もといBMS No12~No2となりその肉質は幅広く存在しています。それゆえに、品質の線引きを明確にするように一部では伊万里産佐賀牛や伊万里産佐賀和牛のような名称の用いられ方もされています。

伊万里牛の歴史

伊万里牛の歴史は佐賀牛のルーツとなる但馬牛にあります。但馬牛はいわずもなが、由緒正しい血統の黒毛和種の存在している地域で生産されている和牛であり、品質には折り紙付きである種類の和牛です。その但馬牛が九州で生産されるようになり、その九州内で出生した但馬牛の子孫である素牛を佐賀県内で肥育を開始し始めたことから、佐賀牛や佐賀和牛・そして伊万里牛の歴史がスタートするのです。

ただ、佐賀牛等と伊万里牛の名称の違いが生まれたのは平成19年のJAさが発足の頃でした。それまでは佐賀牛等のブランド名は佐賀県内において生産肥育されている黒毛和牛全般に使用できていたものの、JAさが発足以降、佐賀牛はJAさが管轄内において生産肥育されている和牛でしか使用できないブランド名となってしまいました。伊万里地域を管轄しているJA伊万里はJAさが発足当時に参加をしていなかったため、今現在であってもJAさが管轄外であるという歴史的背景があるゆえに名称が別であるままなのです。

ただ、今では伊万里牛は伊万里地域の特産品である伊万里焼とともに、全国的に認知度の高いブランド和牛の1つとなっています。

最後まで読んでくれてありがとうございます! 役に立った方はぜひ「いいね!」してね♩

スポンサーリンク

スポンサーリンク

topページの先頭へ