黒毛和牛どっとこむ

お肉大好きなあなたへ。牛肉がもっと好きになるサイトです。

  • TOP
  • パンくず矢印
  • 全国の黒毛和牛一覧
  • パンくず矢印
  • 阿知須牛(山口県)

阿知須牛(山口県)


とりあえず「イイね」して、あとで読もう!

阿知須牛

阿知須牛の特徴

阿知須牛は山口県の福嶋牧場で育てられ、あじす牧場株式会社から販売されているブランド和牛です。

山口県内においてはかつて阿知須町という地域があり、そこで育てられている和牛であることからこの名前がつけられました。阿知須牛は一般的なブランド牛と同じように品種は黒毛和種であります。

その特徴としては黒毛和牛のみを使用していることであり、その黒毛和牛の素牛は他の地域から血統が良く、そして品質の良い子牛を厳選して買い付けていることが挙げられます。また、阿知須牛として使用される牛は出産経験のない雌牛がほとんどです。一般的に品質と肉質が良いと言われている和牛のみを使用しているので、高い肉質の和牛を生産することが可能となっています。

味としては、独特の甘みと旨みがあり、その他のブランド牛と比較してそれほど脂身が多くないのも特徴の1つです。飼育方法としては基本的に牛舎で育てられていますが、あまり牛そのものにストレスがかからないような配慮が行われています。

阿知須牛の歴史

山口県でも他の地域で行われているように食肉牛の生産は行われてきましたが、それほど全国規模で有名なブランドとなるほどの肉牛は生産されてきませんでした。それゆえに、山口県における牛肉はそれほど存在感の無いものだったのです。

しかし、山口県の阿知須市に農場をかまえる福嶋牧場の福嶋氏が作った牛肉が、平成16年に全国肉用牛枝肉共励会で名誉賞に入賞したことから山口県の肉牛の品質が知られるようになりました。その受賞が切っ掛けとなり、地元の阿知須という地名をとって福嶋牧場で育てられている黒毛和牛を阿知須牛としてブランド化することとなったのです。そのブランド名はあじす牧場株式会社が商標登録を行ったことで、ブランドの価値をさらに高めることとなりました。

また、阿知須牛の肉質が食肉の大会で入賞したのは平成16年だけではなく、17年、18年、19年と連続して数々の賞を獲得しています。その後、知名度を得た阿知須牛は山口県内で多く流通し、県内のホテルや飲食店で使用されたり、土産物屋などで販売されるようになりました。

最後まで読んでくれてありがとうございます! 役に立った方はぜひ「いいね!」してね♩

スポンサーリンク

スポンサーリンク

topページの先頭へ