黒毛和牛どっとこむ

お肉大好きなあなたへ。牛肉がもっと好きになるサイトです。

  • TOP
  • パンくず矢印
  • なるほど!「黒毛和牛」
  • パンくず矢印
  • 黒毛和牛の魅力を最も引き出せるのはどんな料理?

黒毛和牛の魅力を最も引き出せるのはどんな料理?


とりあえず「イイね」して、あとで読もう!

焼肉

肉を食べたい!今日も一日仕事などに精を出し、帰り際、そう思うことは多いでしょう。肉を食べたい、そう思ったら、もはや我慢するべきではないです!カラダ、脳が、肉を欲しているということなのですから。

とはいうものの、肉といえば、どんな肉が思い浮かびますか?肉といえば牛。牛といえばやはり黒毛和牛でしょう。そりゃ、お金がない、今月ダイエットなの、宗教的にムリ、という人もいるでしょうが、大多数のかたには同意していただけると思います。

じゃあ、黒毛和牛のどんな料理が食べたいと思い浮かぶでしょうか?そもそも黒毛和牛という食材のポテンシャルを私たちは本当に理解しているのでしょうか。ここではそもそも黒毛和牛とはどういう食材なのか、そしてどういう料理がもっともその魅力を引き出せるのかということについて考察してみます。

黒毛和牛の魅力とは

黒毛和牛の良さはぐっとくる旨み。程よいバランスの取れた脂身からつくられる世界最高と呼ばれる肉質。そして独特の風味、香り。これらの特徴は計算された飼料と肥育過程なしには達成できませんし、他の輸入牛肉や混雑牛種でも質がまったく異なります。

黒毛和牛は日本古来の牛種でほとんどは兵庫県の但馬牛を由来としています。昔、一時的に外来種との交配により品種改良を試みたこともあるようですが、品質が悪化してしまい、すぐに中止した歴史があります。黒毛和牛の肉質は世界的に見ても特殊であり、それを守り食べることができる私たちは幸運ですね。この奇跡の食材、黒毛和牛を最も生かすことができる料理は何なのでしょうか。

黒毛和牛は「焼き肉」で食べよう

長々書いてしまいましたが独断と偏見で結論を出してしまいます。黒毛和牛の魅力を引き出す料理といえば、やはり焼き肉でしょう。焼き肉はさまざまな肉の部位を味付け、焼き方を工夫し楽しむことができます。そして黒毛和牛の中にストーリーを作ることができます。

牛タンは特に黒毛和牛の柔らかさ、そして油の旨みが乗って魅力を引き出せる部位です。さっぱりした味付けで最初の一口を運べば、我慢が大変だった我々の舌も大満足するはずでしょう。

次の定番はカルビですね。焼き肉といえばカルビ。カルビといえば焼き肉です。焼き肉とカルビは切っても切り離せられません。脂を豊富に含みなんともまろやかな味わいを楽しめます。
食べる勢いも着火してしまうのは仕方ありません。

次はロースでしょうか。より脂が少なくなる代わりに肉そのものの旨みを堪能できます。焼き方は好みがあると思いますが、新鮮な肉を少し弱めに焼き、柔らかさと旨みの極致に向かいたいところです。と言いつつも細かいことは本能の赴くまま食べまくるというのも乙なものです。

シマチョウなどのホルモンをここで食べようというのも本能かもしれません。甘味、脂、調味料での味付け、焼き方、食べ方はまさに千差万別。ある意味遊びが可能なリラックスができる時間を楽しめます。

このように黒毛和牛のさまざまな部位、焼き方を工夫しつつ長い間ストーリーを自ら作っていくことは、焼き肉ならでは魅力です。やはり黒毛和牛といえば焼き肉です。

最後まで読んでくれてありがとうございます! 役に立った方はぜひ「いいね!」してね♩

スポンサーリンク

スポンサーリンク

topページの先頭へ