黒毛和牛どっとこむ

お肉大好きなあなたへ。牛肉がもっと好きになるサイトです。

  • TOP
  • パンくず矢印
  • なるほど!「黒毛和牛」
  • パンくず矢印
  • 牛肉に赤ワインが合う理由を教えましょう

牛肉に赤ワインが合う理由を教えましょう


とりあえず「イイね」して、あとで読もう!

赤ワイン


なぜ牛肉には赤ワインが合うのか教えます。

食事の好みは人それぞれである、と言ってい見てもやはり料理には基本となる味の組み合わせというものが存在しています。ですから、あの食材にはこの飲み物、この食材にはこの調味料と言った風に味の組み合わせというのは教科書的な一定のルールがあるのです。

そのルールの1つとして有名なのは、肉には赤ワイン魚には白ワインが合うということではないでしょうか。その中でも特に牛肉には赤ワインがとても合うと言われています。しかし、それほどワインに詳しく無い一般人としてはなぜ牛肉に赤ワインが合うのか分からないのではないでしょうか。

なにせ牛肉には赤ワインが合う理由は、ソムリエなどのワインのプロや、ワインを片手に高級な牛肉を食べる機会が多くある人ではなければ分からないと思います。それでは、なぜ牛肉に赤ワインが合うのか、庶民にも分かるようにその理由を教えましょう。

赤ワインはダイレクトな味わい。だからこそ牛肉に合う。

牛肉と赤ワインの関係を考える前に、赤ワインと白ワインの違いについて触れてみたいと思います。赤ワインと白ワインは原料が少し違っており、白ワインはブドウの果肉のみが使われるのに対して赤ワインはブドウが皮ごと使われて作られています。

この違いが味にどのような変化を及ぼすのかと言えば、赤ワインは皮が含まれていることから渋みが増して深く濃い風味になるのです。つまり、ダイレクトな味わいであります。

では、そのダイレクトな風味がなぜ牛肉と合うのかと言いますと、牛肉の味そのものがかなり深い味わいであることが理由として挙げられるでしょう。魚などはそれほど脂肪分が含まれていなかったり、多く脂がのっていたとしてもサッパリとしたものが多い反面、牛肉は部位にもよりますが脂肪分が多く含まれていたりします。

また、牛肉料理そのものが味付けが濃いという側面もありますから、その料理と一緒に飲む飲み物が白ワインのようなインパクトの弱いものでは十分に牛肉料理に合わせられないのです。その点、赤ワインであればその味がダイレクトでインパクトのあることからも、コッテリとして濃い味の牛肉料理に十分合う存在であると理解できるでしょう。

料理としても赤ワインが使われる。

牛肉と赤ワインの関係は、食卓で一緒に飲み食いをするだけのものではありません。それは、牛肉の赤ワイン煮込みに代表されるような、料理の主役と調味料という関係もあるからです。

アルコール分を料理に使用すると、肉質を柔らかくしたり旨味成分を引き出したりしてくれますので、通常の食事でも相性の良い赤ワインで牛肉を煮込むのはとても美味な料理になることを想像させてくれます。

また、赤ワインには赤い色素が含まれるゆえに、一緒に煮込めば牛肉にも赤い綺麗な色を付けることができますから、見た目も美味しくしてくれる引き立て役であるとも考えられるのです。このように、牛肉と赤ワインは料理においてもベストマッチする関係性であります。

例外はあるものの、牛肉に赤ワインは定説。

ただ、白ワインであったとしてもダイレクトな味わいをもつ種類のものであれば、牛肉と一緒に飲んでも合う場合があります。しかし、全体的な視点で見ると、ほとんどの白ワインは牛肉の味の強さに太刀打ちできず、その反面ほとんどの赤ワインは牛肉の味に適応する傾向にありますので、やはり牛肉には赤ワインが合うというのは定説であると証明できます。

このような理由からも、牛肉には赤ワインが合うことが言われているのです。これだけを知っておけば、牛肉にはなぜ赤ワインが合うのか疑問に思うことも無くなるでしょう。

最後まで読んでくれてありがとうございます! 役に立った方はぜひ「いいね!」してね♩

スポンサーリンク

スポンサーリンク

topページの先頭へ