黒毛和牛どっとこむ

お肉大好きなあなたへ。牛肉がもっと好きになるサイトです。

  • TOP
  • パンくず矢印
  • なるほど!「黒毛和牛」
  • パンくず矢印
  • 幻の部位、シャトーブリアンの秘密に迫る

幻の部位、シャトーブリアンの秘密に迫る


とりあえず「イイね」して、あとで読もう!
sburian

引用元

シャトーブリアンとは何か。

牛肉を語る上で欠かせないのは、シャトーブリアンという部位です。通常、私たちが高級肉だと認識している肉の部位、特に霜降りなどがある部位はサーロインや肩ロースなどであります。しかし、シャトーブリアンはそのような一般市場に多く流通しているような部位ではなく、とても希少性の高い部位であるとされているのです。それゆえに、シャトーブリアンは幻の部位であるとまで言われており、市場ではかなりの高価な値が付けられて流通しています。

また、ただ希少価値が高いというだけではなく、シャトーブリアンは牛の肉の部位の中では最も美味であり最高級部位とまで言われている存在です。これだけの希少性と美味しさを兼ね備えた謎の多い部位であるシャトーブリアン。一体このシャトーブリアンはどのような肉なのかその秘密に迫りたいと思います。

シャトーブリアンは牛から少ししか取ることができない部位。

まず、シャトーブリアンは牛の身体のなかでどの部分の肉なのかと言えば、フィレやテンダーロインと呼ばれている部位に当たります。つまりフィレの部分は牛の大腰筋であり、股関節の内側にある筋肉なのです。このフィレの筋肉はそれほど大きな部位ではないこと、そして牛の後ろ足は二本であることから一頭の牛から2本しか取れないということが特徴的であります。

ただ、フィレ肉の部位全体がシャトーブリアンと呼ばれているのではなく、そのフィレ部分のさらに肉質の良い中心部分がシャトーブリアンと言われているのです。元々フィレ肉自体が一頭の牛から少ししか取ることができないというのに、その中からさらに厳選した部位のみがシャトーブリアンとされることからも、それがかなり希少であり、牛から本当に少ししか取ることができない部位だと理解できるのではないでしょうか。

シャトーブリアン

なぜ美味だと言われるのか。

それではシャトーブリアンはなぜ美味だと言われるのか。それはフィレの部分である大腰筋が牛の身体の中で最も動かすことの無い筋肉の部位であるからです。筋肉というのはよく動かすほどに硬く強くなり増強していく性質を持つ反面、それほど使用していない筋肉はどんどんとやわらかくなっていきます。牛にもその筋肉の性質が当てはまり、フィレ部分はそれほど動かされない部位であることから柔らかな肉質を保っているのです。

また、シャトーブリアンはただ柔らかいというだけではなく、脂肪がそれほど含まれていないという特徴があります。柔らかな肉は、通常であれば霜降り肉のように赤身の間に脂身が混在することによって生み出されるものですが、ことシャトーブリアンにおいては赤身肉であるにも関わらず柔らかい肉質であり、肉汁も十分に含んでいる部位なのです。

このように、脂肪の多い肉=柔らかいという牛肉における常識をシャトーブリアンは覆している存在であることも、その部位が美味しいと言われる要素であります。

シャトーブリアンの美味しい調理方法。

これだけの希少性と美味しさを持つシャトーブリアンは、一般的にステーキで食することが最も適していると言われています。それは、ステーキがシャトーブリアンの肉質、そして素材の良さを最大限に味わうことができる調理方法であるからです。

しかし、シャトーブリアンはステーキ以外の調理方法は適していないのかと言えばそうではなく、ローストビーフや和食のしゃぶしゃぶなどにも適している肉であると考えられます。ただ、シャトーブリアンは赤身がほとんどであることから、火を通し過ぎると硬くなる性質がありますので加熱しすぎる調理方法や食べ方はあまり適していないというのも特徴でしょう。

シャトーブリアンには手が届かないけど、美味しいお肉が食べたい方へ

管理人は、シャトーブリアンは手が出ませんが、同じくらい美味しいヒレ肉は、とても特別な記念日に買って贅沢な気分を味わう事があります。
ちなみに、管理人のお気に入りのヒレ肉は、こちらです!

最後まで読んでくれてありがとうございます! 役に立った方はぜひ「いいね!」してね♩

スポンサーリンク

スポンサーリンク

topページの先頭へ