黒毛和牛どっとこむ

お肉大好きなあなたへ。牛肉がもっと好きになるサイトです。

  • TOP
  • パンくず矢印
  • 全国の黒毛和牛一覧
  • パンくず矢印
  • 那須牛(栃木県)

那須牛(栃木県)


とりあえず「イイね」して、あとで読もう!

那須牛の焼肉

那須牛の特徴

那須牛は栃木県大田原市に存在している黒毛和牛専門店大田原牛牛超によって生産・販売されているブランド和牛です。

栃木県には観光地としても有名な那須高原が存在しており、その那須の地名を取ったことから那須牛の名前がつけられました。那須牛は基本的に栃木県内において飼育されている肉牛でありますが、その素牛は全国各地から取り寄せたものです。

那須牛と同様に栃木県内において生産されているブランド牛として那須和牛があり、この場合はJAなすのの管轄内、特に那須地域において契約している農家が生産し、販売されるブランド和牛となります。

那須牛はその育成においてミネラルを含んだ那須の天然の水を飲ませたり、良質な稲藁を食べさせることによって肥育させます。そのような育成方法によって肉質は十分な霜降り肉となり、オレイン酸などの不飽和脂肪酸を多く含んでいるゆえに、食感が柔らかいのも特徴的です。また、食肉に加工される前にしっかりと熟成させてから製品化されるのも特筆すべき部分であります。

那須牛の歴史

栃木県における牛との付き合いは、肉牛の生産からではなく牛乳の生産としての酪農的な関わりから始まりました。実際に、今現在においても栃木県内、特に那須地域においては酪農が盛んに行われており、日本一の牛乳生産量を誇っているほどであります。ただ、酪農が適切に行われる環境は肉牛の肥育においても十分な環境でありますから、酪農農地の開拓と共に必然的に肉牛の生産が行われるようになったのです。

那須地域において、その肉牛生産が行われるようになったのは昭和40年代からだと言われています。ですから、肉牛肥育の歴史としては比較的最近のことです。ただ、那須牛においては栃木県内で肉牛の肥育が一般的となるよりまだ前の80年前からその肥育が試行錯誤されて行われており、とても伝統的な育成方法を用いて育てられるようになりました。

そのような伝統的な育成方法によって、那須牛は特撰という格付けがつけられ、日本国内だけではなく世界に向けても誇れるだけの肉質とブランド価値を持つようになったのです。

最後まで読んでくれてありがとうございます! 役に立った方はぜひ「いいね!」してね♩

スポンサーリンク

スポンサーリンク

topページの先頭へ