黒毛和牛どっとこむ

お肉大好きなあなたへ。牛肉がもっと好きになるサイトです。

  • TOP
  • パンくず矢印
  • 黒毛和牛の選び方
  • パンくず矢印
  • 自分へのご褒美に特別なお肉をお取り寄せ!

自分へのご褒美に特別なお肉をお取り寄せ!


とりあえず「イイね」して、あとで読もう!

ご褒美のお肉

自分自身に黒毛和牛というご褒美を贈る。

人間どれだけ立派な人であっても何らかのご褒美があれば喜びますし、むしろ何かのご褒美があるからこそ仕事や勉強を頑張れていると言えるかもしれません。そのご褒美は簡単なものであれば毎晩の晩酌であったり、女性であればスイーツ、ちょっと高級なものであればエステやマッサージ、アクセサリーの購入などが挙げられるでしょう。

そのご褒美の1つとして、黒毛和牛を自分自身へ贈るという選択肢も考えられます。なぜなら、黒毛和牛は日本において最も美味しい牛肉であると言われているからです。

私たちが普段口にしているスーパーの安売り肉などは、あまり品質の良くない牛肉でありますからそれほどご褒美にはなりえません。しかし、黒毛和牛はその口当たりの柔らかさ、そして風味の良さから「頑張って良かった」と思えるだけのご褒美的感覚を味わうことができるのです。それゆえに、自分へのご褒美として黒毛和牛を贈ると、さらに日常生活に張り合いが出ること間違いありません。

自分で食べるならば、細かいことは気にせず選ぶ。

しかし、自分自身に黒毛和牛を贈るといっても、どのような基準で選べば良いのか分からないという人もおられるでしょう。ここで極論を言うならば、自分で食べるものであるからこそ細かいことは気にせずに自分が本当に食べたいと思ったものを選ぶべきです。

直感的にすき焼きが食べたいと考えたのであればすき焼き用の黒毛和牛を贈るようにし、焼肉が食べたいと思えば焼肉用のものを贈るようにします。直感的に選んだものの方が、結果として最も満足するようになりますし、品質の良い黒毛和牛であればどのような種類のものを選んだとしても美味しいことに変わりはありませんから、確実に自分の味覚を満たしてくれるでしょう。

そして自分自身に贈る黒毛和牛の量も、自分自身の財布と相談しつつ、自分が満足できるだけ贈ってあげるのも大切なことです。

一度ならず何度でも黒毛和牛をご褒美にする。

黒毛和牛は確かに高級なお肉です。特にブランド名がついていないものであったとしても、ステーキ用の一キレが1000円以上するくらいですから、それが高級ブランド黒毛和牛となればかなり値が張ることになります。

かといって、自分の人生の中で黒毛和牛をご褒美として贈るのは一度だけにはせず、何度でも黒毛和牛をご褒美にしましょう。なぜなら黒毛和牛は一度食べればまた食べたくなる美味しさがあること、各部位や調理法方によって美味しさに広がりを見せること、そして各地域のブランド牛によって食感や風味が全く異なることなどが挙げられるからです。

ですから、徐々にご褒美として贈る黒毛和牛のランクを上げていったり、次のご褒美は松坂牛のステーキにする等の組み合わせを行っていくのも良いと考えられます。

黒毛和牛のために、頑張る自分を作り出す。

アメとムチの法則に近いかもしれませんが、一度黒毛和牛をご褒美として自分自身に贈れば、その美味しさによってまた黒毛和牛を食べたいという感覚になります。その感覚を保持しつつ、日ごろの仕事や勉強に取り組めば自ずと「黒毛和牛を食べたいから頑張る。」という意識に変わってくるかもしれません。

もし今現在、仕事や勉強をいまいち頑張れないという人であったとしても、一時的に頑張ってそのご褒美に黒毛和牛を自分に贈れば、それ以後は黒毛和牛のために仕事や勉強が捗るはずです。この点を踏まえれば、自分へのご褒美として黒毛和牛を贈るのは自己投資としても有益ですし、今現在食べたいと思う黒毛和牛の種類を自分に贈ると心はさらに満たされ、自己投資の役割も増すでしょう。

最後まで読んでくれてありがとうございます! 役に立った方はぜひ「いいね!」してね♩

スポンサーリンク

スポンサーリンク

topページの先頭へ