黒毛和牛どっとこむ

お肉大好きなあなたへ。牛肉がもっと好きになるサイトです。

  • TOP
  • パンくず矢印
  • 黒毛和牛の選び方
  • パンくず矢印
  • 就職祝い:現金ではなく、ちょっと味のあるお祝いに

就職祝い:現金ではなく、ちょっと味のあるお祝いに


とりあえず「イイね」して、あとで読もう!

就職祝いのお肉

就職したことを牛肉で祝う。

十数年前から続く不況の影響もあり、今現在なかなか就職は出来づらい社会環境になってしまいました。たとえ一流の大学を出ていたとしても、タイミングやマッチングによっては全く就職の内定が得られないというケースも少なくありませんので、ある意味今の時代で正社員として就職ができるのはとても素晴らしいことなのかもしれません。

そのような厳しい社会背景があるからこそ、自分の子供や親戚が社会の荒波に打ち勝ち、日頃の努力と運に味方されて貴重な就職を勝ち取ったのであれば、十分なお祝いをしてあげるべきでしょう。そのお祝いの方法としては現金を包んで渡すことが一般的ではありますが、それだけちょっと味気ない感じがしてしまいます。

ですから、逆に味のあるお祝いとして美味な牛肉を選んで贈ることで、就職を祝うという方法もありだと思います。

就職祝いの相場は1万円程度。その金額で牛肉を選ぶ。

さて、就職祝いに牛肉を贈るとしてもどの程度のレベルのものを贈れば良いのか悩んでしまいますよね。ではまず金額的な面から考えていきましょう。

就職祝いは現金を包んで渡した場合、直系の子供や孫ならば3万円程が相場であると言われていますが、その他の親戚であれば1万円前後が相場だそうです。それゆえに、就職祝いとして贈る牛肉についてもできれば1万円前後で検討すれば良いと思います。

1万円という金額を出せばそれなりのブランド牛のギフトセットを購入することは十分に可能ですので、就職祝いとしては妥当な金額で相手には十分に満足してもらうことができるでしょう。また、5000円を現金として包んで渡しあとの5000円分で牛肉を贈るという方法を取れば、二つの形式でお祝いを渡すことができますので二重に喜ばれるとも考えられます。

ただ、就職祝いの相場の金額が1万円前後であるというだけですので、それ以上の金額を考えている場合はさらに高い牛肉を贈っても構わないです。

社会人として、夢を持たせる意味での牛肉。

裕福な家庭で育ったのであれば高級牛肉など飽きるほど食べている可能性が高いですが、多くの家庭はそれほど頻繁に高級牛肉を食べることはできないものです。しかし、就職という節目に美味しい牛肉を食べることができれば、これから社会に立ち向かって行き仕事を頑張って沢山お金を儲ければ再びこのような美味しい牛肉を食べることができるという夢を持つことに繋がるでしょう。

ですから、就職祝いとして贈る牛肉としては一口入れただけで鮮明に記憶に残るような、綺麗な霜降りを持つ肉などが適しています。臥薪嘗胆のような苦い記憶をバネにして頑張るのではなく、その反対で美味しい思い出をバネにして頑張れるような牛肉を選んで贈ることが大切でしょう。

味覚のわかる大人になってもらうため、スタンダードなブランド牛を贈る。

確実に美味しいと言える牛肉は何かと言えば、日本三大和牛に分類されている神戸ビーフや松阪牛、米沢牛、近江牛などが挙げられます。これらの牛肉は日本において確固とした美味しさを誇る牛肉でありますから、よほど脂肪分が嫌いであるという人以外は確実に美味しいという感覚になる牛肉です。ですから、就職祝いとしてはこれらのブランド牛を選ぶことが最も良いと思います。

また、確実に美味しい牛肉を選ぶ理由はもうひとつあり、スタンダードな高級ブランド牛を食べることによって味覚のわかる大人になる訓練にもなります。それゆえに、就職祝いに贈る牛肉としては味覚の肥えてない若者であっても、美味しいと感じるようなブランド牛をメインで選ぶのが最も良いと考えられるでしょう。

最後まで読んでくれてありがとうございます! 役に立った方はぜひ「いいね!」してね♩

スポンサーリンク

スポンサーリンク

topページの先頭へ