黒毛和牛どっとこむ

お肉大好きなあなたへ。牛肉がもっと好きになるサイトです。

  • TOP
  • パンくず矢印
  • 黒毛和牛の選び方
  • パンくず矢印
  • 金婚祝い:「金」賞の牛肉と、グッズを抱き合わせて贈りましょう

金婚祝い:「金」賞の牛肉と、グッズを抱き合わせて贈りましょう


とりあえず「イイね」して、あとで読もう!

金婚式のお祝い

金婚式は最高のアニバーサリー。

世の中に夫婦は星の数ほどあれど、その中で金婚式を迎えられる夫婦はどれだけいるでしょうか。

金婚式は結婚50年目を迎える夫婦に与えられる称号、そしてその式典でありますから、その金婚式を迎えるまでに夫婦としての人生にはかなりの波乱万丈、そして山あり谷ありがあったと考えられます。金婚式はそのような夫婦としての50年という長い間の歩みを総括する年度なのですから、人生で最高のアニバーサリーであると言っても良いでしょう。

そのような最高のアニバーサリーには、最高の牛肉を送ることで、金婚式を迎えた夫婦を心からお祝いしてあげるべきだと言えます。また、金婚式という大きなアニバーサリーでありますから、牛肉だけを送るのではなく何かと抱き合わせで送るという方法も良いかもしれません。

”金”に由来する牛肉を選ぶのも吉。

まず金婚式という名称に着目して、品質の良い牛肉を選ぶと迷うことなく決められるでしょう。それはどのようなものかと言いますと、金賞を受賞した品質の牛肉を贈り物にするなど”金”に由来するような牛肉、”金”とかけられる牛肉であるということです。

牛肉は全国各地で共励会などの肉質を競う大会が行われており、その大会において品質の良い牛肉は金賞などの称号が与えられます。その金賞と金婚式の金をかけることで、金婚式の贈り物としての理由になりますし、ちょっとした話のオチもつけることができるでしょう。

ただ、金賞のお肉を選ぶのはダジャレのような意味合いや、話のオチをつけるのが目的ではなく、金賞という称号が与えられているのはそれだけ肉質が良いことでもありますので、金賞のものを選べば必然的に金婚式に送っても十分サマになる牛肉を選ぶことになるというのが本来の目的です。

それに、金婚式を迎える方であれば年齢的にも品質の高い柔らかいお肉を食べることも好むと思いますので、一石二鳥であると言えるでしょう。また、贈る牛肉の形状としてはそれほどボリュームのあるものよりも、嗜む程度に食べられるような量のものを選ぶと良いと思います。

金婚式に相応しいグッズとの抱き合わせで、牛肉を送る。

金婚式に贈る牛肉を選ぶ際には、高品質な肉質のものを送ることに加えて、ちょっとしたアクセントをつけることがポイントとなるでしょう。それは、金婚式を迎えるお二人は50年もの夫婦生活を送ってこられたわけですから、通常の贈り物という形ではなく何らかの特別な演出をつけておいた方が良いからです。

そのアクセントとして考えられるのは、金色のお皿や食器などと一緒に牛肉をプレゼントするということ。そして、そのお皿で品質の良い牛肉を食べてもらうようにすれば、なおさら肉の高級感は増しますし、金婚式を迎えたという実感をご夫婦にもして頂けるようになると思います。

また、アクセントとして付けるのはお皿や食器などではなく、その他の金色グッズなど金婚式に相応しいものとの抱き合わせるということでも良いかもしれません。

自らその場で調理して贈り物にするのも良い方法。

金婚式を迎えるご夫婦が遠方に住んでいるのであれば、牛肉を贈ることしかできませんが、もしご夫婦の近くに住んでいるのであれば贈答品としての牛肉を自宅まで持って行き、その場で調理するまでお贈り物と考え、すぐに食べられる状態にするのも良い方法かもしれません。

これは牛肉を送っても調理が面倒だと思われてしまうのを防ぐこと、そしておもてなしの精神で金婚式をお祝いするという二つのメリットがあります。そのような場合、自分が調理しやすい種類の肉を選ぶのも1つの選択肢になるでしょう。

最後まで読んでくれてありがとうございます! 役に立った方はぜひ「いいね!」してね♩

スポンサーリンク

スポンサーリンク

topページの先頭へ