黒毛和牛どっとこむ

お肉大好きなあなたへ。牛肉がもっと好きになるサイトです。

  • TOP
  • パンくず矢印
  • 黒毛和牛の選び方
  • パンくず矢印
  • 入学祝い:贈る先のお子さんの年齢を考えて!

入学祝い:贈る先のお子さんの年齢を考えて!


とりあえず「イイね」して、あとで読もう!

入学祝いのお肉

入学祝いは、年齢によってランクが変わってくる。

子供の成長というのはとても早いもので、自分の子供もあっという間に進学進級をしていると思えば、しばらく会っていない親戚や知り合いの子供も知らない内に1つ上の学校へと入学することを聞かされるケースも多いでしょう。そのような場合には入学祝いを贈らなければなりませんが、入学祝い金や学用品などを贈るのはちょっとありきたりだと考えれば、牛肉なんかを贈ってみるのもお洒落かもしれません。

しかし、入学祝いに牛肉を贈る場合、その子が小中学校、高校、大学などどの学校へと入学する年齢であるかによって贈るべき肉の種類やランクは変わってきますので、適切な牛肉を選ぶ必要があります。それでは、年齢、そして入学する学校で贈るべき牛肉をどのようにして選べばよいか考えていきましょう。

小中学校入学の場合。

まだ子供の年齢が低い小中学校への入学の場合は、それほど脂身の多い肉の部位を選ぶべきではありあません。なぜなら、子供はまだ消化器官がしっかりと成熟していないことから、脂身が多すぎる肉を食べてしまうとお腹を下してしまう可能性があるからです。その反面、身体は成長過程でありますから、その成長に資するような種類の牛肉の部位を贈ってあげれば良いでしょう。

成長に資する部位としては、高たんぱく質な部位であるフィレや、モモが考えられます。この部位であれば、低脂肪でもありますのであっさりとした食感で、小学校に上がる前の子供であっても安心して食べることができるでしょう。

また、この年代の子供はカレーライスやシチュー、ハンバーグを好む傾向がありますので、何にでも使用できるお肉ではなくカレーやシチュー用のブロック肉であったり、少し高級なハンバーグの肉など用途の限られているお肉をを選んで贈ってあげても喜ばれることだと思います。

高校へ入学の場合。

10代も後半にさしかかると、徐々に成長は止まってきます。男子であればまだ成長する余地はありますが、女子であれば高校入学手前で身長の伸びがストップしてしまうことも少なくありません。ですので、小中学生のように成長に資することを主眼においた牛肉の選び方をするのではなく、大人と同じような基準でお祝いとして贈る牛肉を選ぶべきでしょう。

ただ、高校生の時期はまだそれほど美味しい食材や料理を食べてきているわけではありませんから、それほど舌が肥えていません。それゆえに、こだわり過ぎた牛肉よりも分かりやすい味の牛肉が最も喜ばれるはずです。

その代表例として挙げられるのが、ひと目見ただけでで霜降り肉であるとわかる松阪牛などの有名ブランド牛肉です。松阪牛という名称そのものが既に高級牛肉であるという代名詞にもなっていますので、そのブランドイメージだけでも高校に入学するくらいの子であれば満足してくれるでしょう。そして肉質としても、脂が十分に染み込んでジューシーということもあり、高校入学のお祝いにはベストな牛肉だと言えます。

大学へ入学の場合。

大学生は学生であるものの、もう既に大人と変わらない存在であると言っても良いでしょう。ですので、大学への入学祝いとして贈る牛肉はまず本人の嗜好を考慮して選ぶ必要があります。

ただ、そのような嗜好が分からない場合は、一般的な贈答品として贈られている肩ロースなどの部位を選ぶと良いでしょう。形状としてもスタンダードなステーキ用、もしくはすき焼き・しゃぶしゃぶ用のものであれば、不変的に喜んでもらえます。

また、有名大学に入学するような場合であればちょっと奮発して最高級部位のシャトーブリアンなどを贈るのも良いかもしれません。

最後まで読んでくれてありがとうございます! 役に立った方はぜひ「いいね!」してね♩

スポンサーリンク

スポンサーリンク

topページの先頭へ